更新日: 2024年06月06日

1万6000発もの花火が見られる「仙台七夕花火祭」の見どころ・概要・アクセス情報まとめ

2024年8月5日に宮城県仙台市の上空に約1万6000発の花火が打ち上げられる「仙台七夕花火祭」。地元の方はもちろん、県外や国外からも毎年約50万人もの観客が訪れる仙台を代表する夏祭りです。この記事では、2024年で55回目を迎える「仙台七夕花火祭」について、見どころや開催場所、アクセス情報などを詳しく解説します。

「仙台七夕花火祭」ってどんなお祭り?

「仙台七夕花火祭」は、宮城県仙台市で毎年8月5日に行われる花火大会です。毎年8月6日〜8日に開催される「仙台七夕まつり」の前夜祭として開催されており、2024年で55回目を迎えます。

新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けた「仙台七夕花火祭」ですが、2022年には有観客での開催、2023年には本来の規模での開催が実現しました。

「仙台七夕花火祭」の見どころ

仙台花火大会のイメージ
「仙台七夕花火祭」の見どころは、約60分にわたって打ち上げられる1万6000発(2023年開催時)もの花火。この花火のバリエーションは毎年更新されており、地元の方々も毎年楽しみにしています。

また「仙台七夕花火祭」は、全国でも珍しい「都市中心部に花火が打ち上がる」花火大会なんです。普段とは違った仙台市の景色を楽しむことができます。

「仙台七夕花火祭」では屋台メシも楽しめる!

屋台のイメージ
花火大会といえば、屋台も外せないですよね。「仙台七夕花火祭」でも、焼きそばや唐揚げ、フライドポテトなどのご飯ものからかき氷やわたあめなどのスイーツまで、定番屋台グルメが楽しめます。

ちなみに、2023年は以下の観覧場所に合計約90ブースもの屋台が出店しました。

・大町西公園
・追廻
・仲ノ瀬グラウンド
・青葉山交流広場
・東北大学グラウンド
・国際センター駅エントランス広場
・青葉の風テラス

花火の次の日からは「仙台七夕まつり」が開催

仙台七夕まつりのイメージ
毎年大きな盛り上がりを見せている「仙台七夕花火祭」ですが、実は、花火大会の翌日から行われる七夕祭りの前夜祭という位置づけになっています。

花火大会の次の日からは「仙台七夕まつり」が開催され、街全体が美しい七夕飾りで彩られます。 「仙台七夕まつり」は伊達政宗公の時代から続いている七夕祭りで、「日本一の七夕まつり」とも呼ばれているんです。

「仙台七夕まつり」は8月6日〜8日の3日間にわたって開催されるため、タイミングよく仙台市を訪れたらぜひ足を運んでみてくださいね。

「仙台七夕花火祭」の席情報|当日券は買える?

「仙台七夕花火祭」では、打ち上げ場所周辺にさまざまな無料観覧席・有料観覧席が用意されています。2024年の詳細はまだ公開されていないため、2023年のものを紹介します。

■「第54回仙台七夕花火祭」有料席
【青葉山交流広場】
【青葉の風テラス】
【国際交流センター駅エントランス広場】
【東北大学グラウンド】

有料観覧席の販売は毎年7月上旬頃から行われるため、気になる方はホームページを要チェックです!

また、2023年の「第54回仙台七夕花火祭」では、当日券(有料席のみ)も用意されていました。

「仙台七夕花火祭」の概要

仙台七夕花火祭のイメージ画像
「仙台七夕花火祭」の2024年(第55回)の概要はまだ公開されていませんが、毎年8月5日に開催されていることから、2024年も8月5日(月)に開催されることが予想されます。

参考までに、「Movement 〜未来への一歩〜」をテーマに開催された、2023年(第54回)の概要を紹介します。

■「第54回仙台七夕花火祭」概要
開催日:2023年8月5日(土)
会場:仙台市青葉区(西公園付近一帯、広瀬川河川区域及び川内地区)
時間:19:30〜20:30
天候規制:雨天決行・荒天中止
「仙台七夕花火祭」公式サイト

「仙台七夕花火祭」のアクセス情報

「仙台七夕花火祭」は、仙台市青葉区(西公園付近一帯、広瀬川河川区域及び川内地区山形市内)で行われます。
 
■「仙台七夕花火祭」アクセス
電車でのアクセス:
・JR仙台駅西口より徒歩30分
・地下鉄東西線大町西公園駅より徒歩3分
・地下鉄南北線泉広瀬通駅より徒歩10分
車でのアクセス:東北自動車道仙台宮城ICから約5分

2023年には、当日は交通規制が行われました。2024年の開催についても交通規制や大変な混雑が予想されるため、できるかぎり公共交通機関を利用して会場に向かうようにしましょう。

また、JR・地下鉄各線においても当日の混み状況次第では入場制限が行われる可能性があるため、当日は最新の情報を確認するようにしてください。

仙台の夏の風物詩「仙台七夕花火祭」を楽しもう

仙台の市街地に約1万6000発もの花火が打ち上がる「仙台七夕花火祭」。地元の方はもちろん、県外・国外から毎年約50万人もの人が訪れる、仙台の夏を代表するお祭りです。

そんな「仙台七夕花火祭」は、仙台市青葉区の山形県の西公園周辺で毎年8月5日に行われます。仙台を代表するお祭りに、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。次の日から3日間にわたって行われる日本一の七夕祭り「仙台七夕まつり」もおすすめですよ。

\ SNSでシェア /